茨城の結婚相談所は、料金が安価なルミエールつくばにお問い合わせください。

2020/03/21 ブログ

宝篋山に登ってきました❣

こんばんは、茨城の結婚相談所、ルミエールつくばの仲人Kです。

いよいよ登山シーズンの開幕です。仲人Kが毎年、足慣らしに登るのが、筑波山から南東に連なる、筑波連山の支峰の一つである宝篋山です。地元では、小田山と呼ばれていましたが、「宝篋山を地図に載せよう」という署名活動の結果、昨年正式に宝篋山という名前で地図に載りました。

標高は461mで、シーズン初の足慣らしにはちょうどいい高さです。ここ何年か、とても人気が出て、いつもたくさんの人が登っているのですが、今日は、お天気も良く、コロナウィルスのせいで家に閉じこもっていた子どもたちに、良い空気を吸わせてあげたいと思ったおうちが多かったようで、仲人Kが水戸から来た娘を連れて、10時頃に行った時には、80台停められる小田休憩所の駐車場は、すでにいっぱいでした。

国道125号線を挟んで反対側にある小田駐車場にも行ってみましたが、やはり満車だったので、小田休憩所に戻って、朝から登った人が降りて来るのを待つことにしました。前に3台くらい並んでいましたが、それほど待たずに停めることができました。おススメの裏技です。

登山コースは複数ありますが、仲人Kのお気に入りは、登りは極楽寺コース。写真に写っている真ん中の谷を頂上まで一直線に登って行くので、かなり急な登りになりますが、沢沿いの道で、いろんな滝が見られます。暑い時は何よりの癒しです。

 

 

 

2時間ほどで頂上に到着。お弁当を食べて一休み。 筑波山がきれいに一望できました。
 

下りは、小田城コースか常願寺コースですが、今日は常願寺コースをまだ歩いたことがない娘のために、常願寺コースを下りました。途中に、縁結び、夫婦円満の願いが叶うと言われている、こならとさくらの合体木があります。仲人Kには、真っ直ぐ空に伸びている桜の木が男らしく見え、桜に絡みつくように寄り添うこならは、女性らしく見えました。

その後、長々坂という長い坂が出現するのですが、土で滑りやすく、評判はイマイチでした。      次はまた小田城コースに戻りそうです。

山のことになると話が止まりませんが、山は一度で三度おいしいというのが、仲人Kの持論。一つ目は、計画している時。二つ目はもちろん登っている時、そして、終わった後も、思い出してはニヤニヤしてしまうのです。

コロナで、外出自粛中でも、山なら大丈夫です。こんな時だからこそ、お子さんを連れて、山に登りましょう。

ルミエールつくばでは会員募集中です。まずは、初回カウンセリングの予約をお待ちしています。