茨城の結婚相談所、ルミエールつくばです。お気に入りの帯のこと。

2020/04/08 ブログ

こんばんは、茨城の結婚相談所、ルミエールつくばの仲人Kです。

外出自粛で、着物を着て出かけることも久しくできないでいますが、写真は、家の廊下に飾ってみた、母の形見の帯です。名古屋帯も結構あったのですが、形があまり好きではなかったので、全部処分してしまいました。こんな風に飾れないですしね。

母の袋帯の中でも、この二本は面白い柄で、手前の金糸でキラキラしているのは、仲人Kが大好きな山の柄で、奥の赤っぽいのは、馬に乗った狩人が、鹿を狩っているという変わった柄です。どちらも、母のイメージではなく、意外だったのですが、呉服屋さんで勧められたのでしょうね。

どちらもよそゆきの柄で、仲人Kが普段来ている紬には合わず、かと言って、衣装箱に死蔵したままにしておくのも忍びなく、飾って眺めたいと思ったのですが、衣桁を置く場所もなく、なかなか実行できずにいたのですが、タペストリーのように壁に掛けることを思い付きました。                太さと色がイメージにぴったりだった、100均で見つけた防獣柵用の支柱に掛けて、廊下に吊るしたという訳です。

先日、お客様が来た時に、「素敵!」と褒めていただきました。

ゴールデンウィークに入ったら、三頭山に登ろうと楽しみにしていたのですが、移動するのも自粛ということで、中止になりました。ショックです。

最近、仲人Kの夫は、工事の納期が迫っており、毎日帰りが12時頃です。それからご飯を食べてお風呂に入ると、寝るのは2時頃だそうです。仲人Kは、ご飯が済んだら、先に休ませてもらっています。それでも寝不足なのに、夫はさぞかし眠いだろうな、と思います。

もう少しで終わるから、倒れないでね。